2024年06月05日

拘束性換気障害と脳性麻痺との関係

ChatGPTでいろいろ検索してみました。

<拘束性換気障害と脳性麻痺との関係>

拘束性換気障害(CCHS)は、中枢神経系の異常によって引き起こされる呼吸障害の一種です。CCHSは通常、睡眠中に特に顕著になりますが、活動中にも起こる場合があります。一方、脳性麻痺は、脳の発育や損傷に関連する運動障害を特徴とする疾患です。
これら2つの疾患が同時に存在することはありますが、直接的な因果関係はないとされています。ただし、脳性麻痺を持つ人々は、姿勢や運動の制御に関する問題がある場合があり、それがCCHSの管理や治療に影響を与える可能性があります。また、CCHSの症状が重くなることで、脳性麻痺の症状や日常生活にも影響を及ぼす可能性があります。
医療専門家による詳細な評価と診断が必要ですが、これらの2つの疾患が同時に存在する場合は、個々の患者の状況に応じた綜合的な治療計画が必要です。


<拘束性換気障害の症状とは>

拘束性換気障害(CCHS)は、呼吸に関連する症状を引き起こす神経系の異常によって特徴付けられます。一般的な症状には次のものが含まれます:
1. 無呼吸発作(Apnea): 呼吸が停止する期間があり、特に睡眠中に顕著になります。これは通常、自覚されず、親や介護者が気づくことがよくあります。
2. 低い血中酸素濃度(Hypoxemia): 呼吸停止によって血中酸素濃度が低下することがあります。これにより、顔色が青くなる(シアンーゼ)などの徴候が現れることがあります。
3. 低い血中二酸化炭素濃度(Hypocapnia): 通常、無呼吸の間、血中二酸化炭素濃度が低下します。これは通常、無呼吸が終了した後に、過度な呼吸(ハイパーベンチレーション)によって補正されます。
4. 睡眠障害: 無呼吸が睡眠の質を低下させ、患者が十分な睡眠を得られないことがあります。これにより、昼間の眠気や疲労が増えることがあります。
5. 他の自律神経系の症状: CCHS患者は、自律神経系の異常によって便秘や排尿障害などの症状を経験することがあります。
これらの症状は、個々の患者によって異なる程度で現れ、発症の時期や重症度も異なります。また、CCHSは発育に影響を与える可能性があり、成長の遅れや骨格系の問題を引き起こすことがあります。


<脳性麻痺と肺活量の検査の問題>

脳性麻痺(CP)と肺活量の検査に関連する問題は、脳性麻痺が呼吸機能に影響を与える可能性があることです。脳性麻痺は、中枢神経系の損傷や発達の障害によって引き起こされる運動障害であり、呼吸筋の制御や肺の機能にも影響を及ぼすことがあります。
具体的には、脳性麻痺が呼吸筋の制御や協調に影響を与えることがあります。これにより、肺活量や呼吸機能が低下する可能性があります。また、姿勢や運動の制御に関連する問題がある場合、正しい姿勢を維持することが難しくなり、肺活量や呼吸の効率に影響を与える可能性があります。
肺活量の検査は、呼吸機能を評価し、肺の健康状態を把握するための重要な手段です。しかし、脳性麻痺を持つ人々の場合、正確な肺活量の測定が困難になる可能性があります。姿勢の制御や協調の問題が肺活量の測定に影響を与える可能性があるためです。また、脳性麻痺による筋肉の制御の問題が呼吸の深さや効率に影響を与えることも考えられます。
したがって、脳性麻痺を持つ人々に肺活量の検査を行う際には、その個々の状況や特性を考慮する必要があります。必要に応じて、特別な配慮や補助を提供し、正確な測定を行うことが重要です。医療専門家は、脳性麻痺を持つ患者の肺機能を正確に評価し、適切な治療や管理計画を立てるために、他の検査や評価と組み合わせて肺活量の検査を行うことがあります。


<脳性麻痺と人工股関節手術>

脳性麻痺(CP)と人工股関節手術の関係については、いくつかの考慮事項があります。
1. CPと関節の問題: CPは、中枢神経系の損傷や発達の障害によって引き起こされる運動障害です。これにより、筋肉の制御や姿勢の維持が困難になり、関節の柔軟性や安定性が影響を受けることがあります。特に、CPによる筋肉の収縮や筋力の不均衡は、股関節の形成や機能に影響を与えることがあります。
2. 股関節の異常: CPを持つ人々は、股関節の異常や形成不全を経験することがあります。例えば、股関節脱臼や股関節拘縮などが一般的です。これらの状態は、日常生活の活動に制限をもたらし、痛みや不自由さを引き起こすことがあります。
3. 人工股関節手術の適応: CPによる股関節の問題が重篤で、保守的な治療法が効果的でない場合、人工股関節手術が検討されることがあります。手術は、股関節の形成や安定性を改善し、痛みを軽減し、機能を向上させることを目的とします。
4. 手術のリスクと課題: CPを持つ患者における人工股関節手術は、通常の患者と比較して追加のリスクを伴うことがあります。例えば、手術後のリハビリテーションがより複雑である場合があります。また、手術によるリカバリーが遅く、手術後の合併症や感染症のリスクが高まる可能性があります。
総括すると、CPを持つ人々の股関節の問題は、日常生活に大きな影響を与える可能性があります。人工股関節手術は、重篤な症例や保守的治療が効果的でない場合に適切な選択肢となりますが、患者の個々の状況やニーズに応じて慎重に検討される必要があります。
posted by りーぶる at 20:56| 富山 ☁| Comment(0) | 脳性麻痺の二次障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月27日

「民間のサービスの活用を考えよう」の企画を一緒に手伝って下さいませんか。

「民間のサービスの活用を考えよう」の企画を一緒に手伝って下さいませんか。

日頃、お世話になっています。
今、福祉サービスを行う事業所は人材不足で、なかなかサービスを行って頂ける方が見つからなくなっています。

私達の相談においても、家の中で転んで起き上がれなかったり、車イスでひっくり返ってそのままの状態で何時間も居ることもあることがあります。
また、視覚障害の方がゴミ捨て場に行って、方向を見失って家に帰られなくなってタクシーを呼ばれたりという話しがあります。
これは、他人事ではなく、自分自身もあります。車イスからベッドに移乗したり、床に落ちた物をひらおうとしてバランスを崩して床に倒れたり、トイレに移乗していてうまくいかず、床に倒れたりしたことがあります。

一人で、起きあがることができず、近くに携帯電話があれば、這いずる回って何とか電話を掛けたこともあります。
しかし、転げ回って1時間〜2時間床の上で格闘していることのキツいことと、苦痛な時間は何とも言えない気持ちです。

今までできたことは出来なくなる、体力的に筋力的にできなくなっていくことに対して福祉サービスだけでは人材不足で対応がなかなか難しくなっています。

そんな時に民間のサービスを活用できないだろうかと考えました。

内容は「民間のサービスの活用を考えよう」ということで、生協やセコム、ALSOKさんに相談させていただきました。生協さんは宅配をしておられ、家事代行や病院の付き添い、買い物代行などをしておられます。
セコムさんやALSOKは緊急対応で駆けつけられたり、外出時の緊急対応もあります。
また、全国展開しておられるので、全国のどこに居ても対応して頂けるということもあります。

とはいえ、どういうサービス体系でどいうときに利用できるのか、いくらぐらい掛かるのか、どこまでしていただけるのかと言うことを知りたいですよね。

そんなことをお話して頂けることになりました。

また、当日は会場でお試しができるようにデモ機を持ってきて頂いて、実態に手に触れてもらって、その方がご自分で操作できるかどうか体験できるようなことも行います。

今回の企画は、福祉サービスの谷間を民間サービスの活用することができないかを考えるきっかけになればと思っています。

企画の予定ですが、
月日:10月7日(月)
時間:13時〜15時30分
場所:県民会館
を予定しています。

この企画に賛同して頂ける方のご協力をお願いします。
ご協力の内容:この企画の情宣(いろんな人にこの企画を知らせてもらう。チラシ等を配布してもらう。)、当日の会場手伝いをしてほしい。当日までの準備を手伝ってほしい。そのための会議に参加してほしい。

以上です。


第一回目の準備会を6月の上旬を考えています。

月日:6月10日(月)の13時30分から14時30分

会場は、自立生活支援センター富山とZOOMで会議を考えています。
ご参加頂ける方は、ご連絡下さい。

連絡先mail:info@cil-toyama.com


よろしくお願いします。

自立生活支援センター富山 平井誠一
posted by りーぶる at 18:01| 富山 ☁| Comment(0) | センターからのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月16日

能登半島地震から5ヶ月が経ちました。

能登半島地震から5ヶ月が経ちました。
マスコミ等で報じられているところは元気の出る部分もありますが、マスコミ等で報じられないことがまだ多くあります。
能登里山街道は、先端の珠洲市まで行っている能登唯一の道ですが、片道通行だと聞きました。帰りは、里山街道を降りてわき道に降りて帰って着ることになるそうです。
人が能登から出て行っているので、福祉サービスに関わる人が居なくて福祉サービスを開始しょうにも開始できない状況があり、そのため高齢者や障害者が地元を離れていく状況になっています。
福祉避難所は、最初から指定されていた物以外に、災害後に福祉避難所として作られた物が100以上あるそうです。石川だけでなく全国にできているそうです。
いま、その実態調査を大学の先生たちが行おうとしておられます。

七尾市にある青山彩光苑という障害者施設は、未だに水が出なくて、トイレなどは凝固剤で対応していると聞きます。
施設の水回りが破損していて、修理業者が来てもらえないそうです。

物資等の支援は少なくなったようですが、建物の修理や事務機などが破損しているために事業が行えないところもあるようです。

能登半島地震でいろんな障害者の人たちが作られた物を皆さん方に買って頂き、支援して頂けたらとおもいます。

また、パレットさんの企画のご案内もあります。

皆様方のご協力とご支援をお願いします。

自立生活支援センター富山 平井誠一
posted by りーぶる at 16:13| 富山 ☀| Comment(0) | ゆめ風ネット富山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする