2016年10月04日

第22 回東海北陸車いす市民交流集会報告書

第22回東海北陸車いす市民交流集会がサンシップとやまにて両日で総数120 名の方が参加者されました。
<第1日目>924-1.gif
9 月24 日(土) PM13 時30 分〜PM16 時30 分 サンシップとやまホールにて100名以上の参加者があり、総合司会には八島梨花(自立生活支援センター富山)さんにして頂きました。
 最初に実行委員長の挨拶後に7 月に起きた津久井やまゆり園犠牲者を悼んで追悼式が行われました。
924-2.gifその後、今テーマの「障害者の人権におけるバリアフリー交流集会IN とやま」ということで講演会に入りました。司会に鷹西 恒さん(富山福祉短期大学 教授)にしていただきました。
924-3.gif お一人目の講演者に尾上浩二さん(障害者インターナショナル日本会議 副議長)に「障害者差別解消法と共生社会の現実 〜問われる社会の行方〜」という題名でお話をしていただきました。
 お二人目は、 杉田尚美さん (富山県厚生部障害福祉課 副主幹・自立支援係長)に「障害のある人の人権を尊重し県見皆が共にいきいきと輝く富山県づくり条例」と県の取組みについてお話をしていただきました。質疑応答では、制度の有効性などについて質問等があった。

925-1.gif<第2日目>
 9月25日(日)AM9 時30 分〜正午 サンシップとやま701 号室にて50名近くの方が参加されシンポジウムが行われました。司会には浅木裕美(自立生活支援センター富山 事務局長)さんにしていただきました。
 最初に、古込和宏さんにビデオ出演して頂きました。古込さんは、難病で石川県の病院に入院中で地域移行をめざして取り組んでおられ、現在の思いや決意を語っておられました。
925-2.gif お二人目は、九曜弘次郎さんで富山盲ろう者友の会会長をしておられます。お話しは、家から離れて一人暮らしに至る経過と一人暮らしをして見てどうだったか、そして今後の課題について語られました。
 三人目は、長澤誠二さんで施設から出て富山市内のグループホームに移り一般企業への就職をして感じたこと。また、アパート その後、質疑応答があり富山における盲聾者の人数や一般企業での身分などについて会場から質問がありました。

925-2a.gif また、もう一方で市内観光も行われました。A コースには7人の参加者とボランティア3 人で高志の国文学館・ガラス美術館・池田屋安兵衛商店を回られました。池田屋安兵衛商店では、薬を作る実演を見学されました。
925-4.gif Bコースには14人の参加者とボランティアさんが3人でライトレールに乗られて岩瀬浜まで行き、岩瀬の古い町並みを見学されました。その後、富岩水上ラインで富岩公園まで上船。船に乗られた岐阜の方たちは「海のない所なので、船に乗って海が観れたので良かった」という感想をお聞きしています。

925-3.gif 今回は、富山の方たちも60名近くの参加者やボランティアさんたちも協力して頂きました。また、多くの方々から協賛金を頂き資金的にもご協力を頂き、無事に今回の企画を終えることが出来ました。
 心からお礼を申し上げます。

 2016年9月30日

                             東海北陸車いす市民交流集会実行委員会
                                 実行委員長 平井誠一
                              富山市新川原町5-9 レジデンス新川原1F
                                 (自立生活支援センター富山内)
posted by りーぶる at 22:56| Comment(0) | 講演会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。