2017年06月19日

40年間の足跡

10数年前に施設を出て、地域生活を始めた一人の障害者の男性がいました。
その人は、私を「兄貴」と呼んでくれて兄弟のように思ってくれていました。
名前が「○○一」と「○○二」だった。年は24才違っていたけど。
同じ障害だった。
施設にいるときからいろんな相談に乗ってきました。
その彼は、Macファンで垂れ幕などの仕事を頼んだりしていた。
施設を出てから職業訓練校に通いながら一般就労を成し遂げた彼。
職場の近くにアパートを借りて働いていた。
私の若いときと同じだった。
今どき珍しくなんの福祉サービスを使わずに生活をしていた。
彼はハムが好きでハムの免許を取って友達を作っていた。
その彼は、勤めていたところを辞めて、私のところに現れた。
彼と久しぶりに話をしたときに、10数年前と同じ話を語っていた。
生みの母と育ての母のこと。
いつになっても気にかけている両親のこと。母に対する思いが強く感じられた。
その彼が亡くなった。
亡くなる前に私の携帯に電話を掛けていたという。発信履歴が残されていたようだ。
でも、残念ながら私の携帯には着歴がなかった。
私に何を言いたかったんだろうか。
お通夜に伺ったときに、お兄さんと両親にお目にかかりました。
お兄さんと育ての親のお母さんとは以前に一度会ったことがありました。
育てのお母さんにお目にかかって、思わず手を握ってしまいました。
かれが、ずっと気にかけていたお母さんなんだと思い、思わず涙が出てきて声をかけていました。
お通夜が終わって帰るときにお兄さんから「彼の分も頑張って下さい」といわれました。

最後に私に何か言いたかったのかと思うと気が重いです。
この彼の最後の思いを受け止められるのかと・・・
自然に涙が出てきます。
何を伝えたかったのか、それを考えながらこれから生きていこうと思っています。

平井誠一
posted by りーぶる at 23:53| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。