2016年02月08日

難病コミュニケーション支援 特別企画

NEC 難病コミュニケーション支援 特別企画<報告>
(会場:富山県総合福祉会館サンシップとやま701号室にて)

T.講演会&座談会12月19日(土))
佐藤伸彦さん(ものがたり診療所・所長)と川口有美子さん(日本ALS協会理事)の講演と対談がありました。佐藤さんから曲とビデオを取り入れながら、診療所に来られる人たちや往診に行っている人たちのそれぞれの生きてこられた中に、様々な出来事・思い出を持っておられること。人それぞれに人生を歩んできたように、人それぞれに物語があること。年を取って出会ったけど、その人には今まで生きてこられた様々な物語があり、様々なことを刻んできた物語を持った人生があること。そのことに目を向けて大切にして行くこと。私には、佐藤さんの話しを伺ってそう感じました。
 川口さんのお話は、お母さんがALSの病気で看病を通してこられたこと。同じ看病をしておられた姉妹の方と思いや感じ方の違いを話されていました。また、お母さんのことを通して現在やっておられる「さくら会」を作られてきた経過、そして全国のALS患者さんの支援へと活動の輪を広げてこられたことが話されました。
 対談は、会場からの発言も交えながら進められました。約70人の方の参加頂きました。参加者の中には、ALSの方や障害を持たれた方、作業療法士、訪問看護師、ヘルパーさん、障害児の親、病院関係者の方々にご参加頂きました。

U.難病コミュニケーション支援講座 (12月20日(日))
 この日は、具体的にコミュ二ケーションツールやソフトを利用した講座が1日行われました。最初は透明な文字盤を使って眼の視線があった文字をひらいながら会話をしていくツールです。
 また、よく使われているパソコンで使用するソフトの「伝の心」(http://www.hke.jp/products/dennosin/denindex.htm)(http://www.p-supply.co.jp/products/218)や「オペレートナビ」(http://opnv.ttools.co.jp/)についての体験講座講座がありました。さらに、「レッツ・チャット」(http://panasonic.biz/healthcare/aflt/products/letschat/)というものやipad・iphoneなどのスイッチ操作などがありました。今回は、視線入力の出来るパソコンもありました。WINDOWSで使えるフリーソフト「ハーティー ラダー」(http://takaki.la.coocan.jp/hearty/)というものも紹介されました。
 私自身、関心を持ったのはipad・iphoneなどのスイッチ操作でした。もうすでにそんなことをするための機能があることに驚きました。Bluetoothで接続して押ボタンを押すとアイコンを一つ一つ動いていき、押すとアイコンが開くことができます。でも、そうした接続機器がなくても、ある設定をすれば画面のどこでもタッチすれば同じように動くことも知りました。確かOSがIOS7からだったと思います。さらに、ipad用のトーキングエイド(http://www.talkingaid.net/products)(http://www.tokyo-itcenter.com/700link/sm-iphon4.html)もあります。これは、少し高いのですが、わりと使いやすいです。
また視線入力は、顔の動く私にとってなかなか難しい物でした。確か価格が100万円台だったと思います。
 この日は、約30名の方が参加されました。作業療法士の方、障害者の方、障害児を待たれた親の人たちがおられました。

<まとめ>
 数年前にも、同じ企画をNPO法人ICT救助隊の方々と開催させていただきました。日進月歩確実に進んでいるIT機器の技術があることを知らされました。ホームページ(http://www.ictrt.sactown.jp/)です。また選択肢も増えてきたように思います。

 今回は、以下の共催と協力で行うことが出来ました。
(共催:NPO法人自立生活支援センター富山・NPO法人ICT救助隊・協賛:NEC CSR 社会貢献室・協力:医療法人社団ナラティブホーム・NPO法人ALSサポートセンターさくら会{進行したALS患者等を含む障害者のコミュニケーション支援機器開発}班)
posted by りーぶる at 11:36| Comment(0) | 講演会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

ipadにキーボードを繋いでLINEを利用したらスタンプがうまく表示された

 新しい物好きの私は、ipad proを早速買いました。12.9インチの大画面。なぜこんな物買ったかというと、最近は小さい画面が見えにくくなり、どうせ買うなら思いきって大きい画面の物を買おうと思いました。
 さて、ipadは、IOS9にバージョンアップしてからアプリの不都合がいろいろと出てきました。その中でもLINEを利用するとスタンプが利用しにくく、キーボードを2分割するとスタンプが欠けて表示されてしまいます。「使い物にならないな」と思っていました。ところが最近、外付けのキーボード(Bluetooth対応)を買いましたらLINEアプリを利用したら「なんと、これはいい」と思いました。スタンプがきちって表示されるようになったではありませんか。これは、よかったと思いました。
 ちなみに最初のキーボードの選択に失敗しました。最初に買ったのは、専用 ワイヤレスキーボードを買ったらipad proが重くなってしまい持ち運ぶのに不便さを感じて、外付け用のキーボードを買ったら「これだったらいける」と思いました。
 ipad proを使い初めていますが、感想としては画面がきれいですし、音がいいですね。
 今は、トーキングエイドのアプリを入れてみたり、絵を選択してコミュニケーションできるアプリを入れたりしながら、障害者関係のアプリを勉強したいなと思っています。私も、体調が悪いとドモリが出ることがあるんですが、自分のためにも勉強できたらといいかなと思っています。

たぬき
posted by りーぶる at 11:56| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

<<<学習会>>>「障害者の人権におけるバリアフリーをめざす富山」

学習会

「障害者の人権におけるバリアフリーをめざす富山」




障害のある人の人権を尊重し

県民皆が共にいきいきと輝く富山県づくり条例







 近年、「国連の障害者権利条約」の批准や国の「障害を理由とする差別の解消の

推進に関する法律」等が成立しました。各自治体では「障害者差別解消法の条例」

が制定されてきました。富山県でも議会で「障害のある人の人権を尊重し県民皆が

共にいきいきと輝く富山県づくり条例」が可決されました。

 この条例について、内容と理解を深めるとともに、先進県の取り組みとして「障

害者差別をなくすための千葉県条例」に関わってこられた経験からのお話しを伺い

障害者の人権におけるバリアフリーをめざす富山のための学習会を行います。








≪講師及び内容≫
 
「障害のある人の人権を尊重し県民皆が共にいきいきと輝く富山県づくり条例」


について
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・富山県障害福祉課




「障害者差別をなくすための千葉県条例」に関わってこられた経験から

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・毎日新聞論説委員 野澤 和弘




<< プロフィール >>

 毎日新聞論説委員。早稲田大学法学部卒業後、毎日新聞社に入社し、2009年4月から
論説委員を担当。厚生労働省、児童虐待班、障害者虐待取材班などを取材し、知的障害
者の権利擁護の第一人者として活躍中。千葉県障害者差別をなくすための研究会の座長
として中心的役割を果たした。
 著書「あの夜、君が泣いたわけ」「条例のある街−障害のある人もない人も暮らしや
すい時代に」「わかりやすさの本質」等。












期 間:


4月11日(土)


会 場:


サンシップとやま701号室


時 間:


午後1時(受付開始)〜4時



参加費:

無料



どなたでも関心のある方の参加をお待ちしています












(プログラム) 
13時〜 受付 
13時30分〜13時35分 開会の挨拶 
13時35分〜14時05分 富山県障害福祉課 
14時06分〜15時36分 毎日新聞論説委員 野澤 和弘氏 
15時40分〜16時00分 質疑応答 
16時まで 終了 



手話・要約筆記等が必要な方は、ご一報下さい。









主催:自立生活支援センター富山
後援:富山県・富山市
住所:富山市新川原町5−9 レジデンス新川原1F
電話:076-444−3753 FAX:076-407−5557


この企画は、富山市障害者相談支援事業の一環として行います



posted by りーぶる at 10:39| Comment(0) | 当センターイベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする